ロゴ
トップへ戻る

島田工業は、1973年にものづくり企業内に島田工業所として開業したのが始まりとなります
それから50年もの間、伊勢崎の地域と密着して、日本のものづくりを支えてきました
現在では、本社工場(第一工場)に加え、空調機器専門の配線・組み立て工場であるSLA事業所や
SMT(ものづくりセンター)など、新しい領域の開拓も積極的に行っております
日本のものづくりに興味のある方や、ものづくりを通じて新しいことに挑戦したい皆さま
ぜひ、一緒に働きましょう!

本社・第一工場

本社・第一工場

本社・第一工場では、島田工業の主力事業である、「板金加工」を主に行っている工場です。
板金加工は、主に物の外側・筐体となる部分の製作を行うために必要な工程です。
皆さんの身近では、出入り口(改札)用の外側部分や、デジタルサイネージの外側部分などを製作しております。
そのような大きなものから、ものを固定するトレー部分など、大きなものから小さなものまで、機械を構成する様々な部品を製作しております。

SLA事業所

SLA事業所

SLA事業所では、島田工業で多く製作依頼をいただいてきた空調機器を中心とした「配線組み立て」や「配管製作」などを主に行っている工場です。
具体的には、設計・溶接・配線加工と組み立てなど、機械の内部にかかわる製造を行っています。
近年では、デジタルサイネージや環境装置など、様々な新しい製品の製造も行っており、新しいモノ好きな方にピッタリな工場です!

また、設計のお仕事をいただいた場合には、こちらの事業所で設計を行っております!

企業情報

社名
島田工業株式会社
代表者
島田 渉
創業
島田工業株式会社
資本金
1,000万円
従業員数
117名 2019.10
業務内容

空調機器関連製品の設計・部品加工・製品組立
精密プレス板金部品の設計・製造
自社企画商品の開発・製造 開発支援業務 その他

取引銀行

群馬銀行豊受支店・アイオー信金豊受支店・あかぎ信用組合豊受支店・
桐生信用金庫豊受支店

工場面積
本社・第一工場/約3,000坪 SLA事業所/約4,000坪

沿革

1973年(昭和48年) 8月
伊勢崎市日乃出町の関東工業株式会社内に島田工業所を開設。
1976年(昭和51年) 4月

伊勢崎長沼町119の2に工場を建設。空調機の組立梱包・FRPボデー製作架装・
搬送機の生産。

1979年(昭和54年) 12月
新工場を建設。(本社工場)
1980年(昭和55年) 1月

法人組織に改め、資本金1,000万円にて島田工業株式会社として
長沼町2202に設立。

1980年(昭和55年) 1月

空調機器関連製品の設計・部品加工・製品組立
精密プレス板金部品の設計・製造
自社企画商品の開発・製造 開発支援業務 その他

1984年(昭和59年) 10月
空調機組立工場新設
1988年(昭和63年) 3月
第一工場を新設、プレス板金加工を開始
1996年(平成8年) 3月
本社に技術開発部新設、自社商品開発を開始
1997年(平成9年) 12月
伊勢崎市下蓮町1875に、空調機器製造工場SLA事業所を新設
2000年(平成12年) 8月
ISO9001認証取得
2006年(平成18年) 12月

ゴルフボールをスムーズに回収する「ナイスキャッチャー」を開発・販売
LED蛍光灯開発・販売

2007年(平成19年) 6月

代表取締役の島田利春が代表取締役会長に就任
代表取締役社長に飯野利夫が就任

2011年(平成23年) 1月
代表取締役社長に島田渉が就任
2011年(平成23年) 5月
クライオポンプ(CCT)生産開始
2013年(平成25年) 11月
ISO14001認証取得
2017年(平成29年) 8月

ISO9001、ISO14001をISO9001:2015、ISO14001:2015
総合マネジメントシステムと更新

2018年(平成30年) 10月
代表取締役会長の島田利春が退任し、子会社のSMT株式会社代表取締役に就任